ココナッツオイルの生成方法の違い

MENU

ココナッツオイルは、パンに塗ったり、コーヒーに入れたり、料理につかったりと様々な使い方があり、その効果の多様性も注目されているとても優秀な食材の一つです。

 

そんなココナッツオイルは現在ではスーパーやドラッグストアなど様々な販売店で手にすることができ、手軽に購入することができるようになったのと同時に
多くのメーカーから発売されているので、どの商品がいいのか、コスパが優れているものはどれなのかなどわからないことがたくさんあるような状況なんです。

 

そんなココナッツオイルの商品選びに参考にしてもらいたいのが、ココナッツオイルの生成方法の違いです。

 

どのメーカーのココナッツオイルも同じものだと思っていませんか?
実はその生成方法の違いで、カロリーの低下やコレステロールの低下を希望されている方の場合、失敗している購入になっている可能性があります。

 

ココナッツオイルには飽和脂肪酸がたくさん含まれているので、中鎖脂肪酸がたくさん摂取できるんです。
中鎖脂肪酸は、脂肪という言葉が使われているので、太るんじゃあないのかと思う方も多いのですが、体に摂取されると即座にエネルギーへと変換され
蓄積しにくいという特徴を持っているんです。

 

ココナッツオイルがどうやって作られているのかというのは、まずココナッツの実に入っているジュースの部分を取り出します。
これがココナッツオイルミルクと言われているものですね。

 

このココナッツミルクを乾かせて、粉砕して油分を取り出すという工程を経てココナッツオイルとなるんです。

 

このココナッツオイルは、さらに精製されにおいや脱色などをコールドプレス製法で行われて通常のココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルという2種類に分類されるんです。

 

みなさんが手にされているココナッツオイルの商品のラベルを確認してみてください。
ミランダカーによってココナッツオイルは大ヒット商品になったのですが、
その後様々なメーカーからココナッツオイルは発売されどういった商品がいいのかわかりにくくなっています。

 

生成方法の違いで、求める効果も変わってくるのであなたの目的に沿った商品を選ぶようにしましょうね。